豊川企業就活応援サイト

自己分析、短所と長所

自己分析とは就活における自己分析とは、自分の特徴や長所・短所、価値観を把握・分析することで就活での『強み』を見いだすことです。分析結果を元に客観的な視点を持つことで、面接の自己PRや志望動機などで抽象的な表現ではない、具体的でオリジナリティーのある発言ができ、面接で好印象を与えることができます。

自己分析の目的自己分析をする目的は主に以下の4点となります。
①将来の目標やキャリアプランを見つけるため
②自分自身の価値観を明確にするため
③長所や短所などの特徴を見つけるため
④自己PR・志望動機を具体的にするため
どんな仕事をしていきたいのか、どんなキャリアを積んでいきたいのか、どんな職業が合っているのか、十分な自己分析を行い、将来なりたい自分を目指しましょう。

なぜ長所・短所を聞かれるの?どんな特徴を持った人かを知ることで、入社後にどんな状況でどんな特徴を発揮できる人物かを判断するからです。長所や短所を知ることで、その人の能力や性格、行動パターンや価値観など、どんな人か知ることができます。長所・短所は表裏一体で状況によりプラスになったりマイナスになったります。短所を聞かれたときは、それをどのようにカバーしているのか、またはどんな長所に置き換えられるのか考え答えられるようにしましょう。

履歴書に長所・短所を書いてみよう!①履歴書に書く前に、別紙に自分の特徴を書き出してみましょう。
②特徴をポジティブな言葉またはネガティブな言葉に置き換えたら、それらの中から長所や短所になるものを選んでいきましょう。
③履歴書には最初に「特徴」を伝え、次に具体的なエピソードで説明しましょう。
※「長所」と「自己PR」両方の記入欄があるエントリーシートの場合は、別の欄が設けられている以上、重複がないように書き分けた方がよいでしょう。書き分ける際には「長所」欄に特徴を、「自己PR」欄には、特徴にまつわるエピソードを記載するように意識してみて下さい。