豊川企業就活応援サイト

インターンシップ、OB訪問

インターンシップとは?

インターンシップは、学生が就業体験の場と機会を提供し、そこに学生が参加することができる制度です。最近では、就労体験ではなく、仕事の内容や、社員のやりがいが理解できるような体感型のプログラムを作成して実施する企業も増えています。期間は5日間が基本とされていますが、中には1カ月間という企業もあります。ここ数年は、1日開催が増えています。企業は多くのことが学べるようにプログラムを工夫して開催しているので、1日でも貴重な体験になると思います。

インターンシップに参加すると就活で有利?基本的にはインターンシップに参加したから内定を出すという優遇はありませんが、インターンシップの参加者にその後の採用セミナーの告知を先に行ったり、一部の企業では先出し情報を得られたり、選考プロセスが異なったりすることはあるようです。

OB訪問と2つのメリット

OB訪問とは学生が興味のある企業、就職を希望する企業の社員に対して主体的にアポイントメントをとり情報を得る活動です。

1.双方向のコミュニケーションが可能となるためその業界・企業をより理解できる。OB訪問では説明会や就活本などから得られる知識からもう一歩踏み込んだ内容を知ることができます。また、訪問する社員の方の経験に根ざした情報がもらえるので、ESや面接の問答集を用意するときにオリジナリティ溢れる(ように見える)ものを練ることが可能になります。

2.OB訪問の有無が採用に直接関係してくる企業もある。 例えば総合商社などの事業フィールドが多岐に渡る業界では、OB訪問を行ったかどうかが企業理解の一つの指標となるため、面接官の手元にはその学生がOB訪問を行ったかどうかの情報が伝わっているようです。